FC2ブログ

いつか どこかで

わたくし的な風景のコレクション

                  窯垣   (かまがき) 

               

                     ご訪問くださり、ありがとうございます





1-dp2-SDIM6219.jpg







               瀬戸の洞町には、窯垣の小径という道があります。

               昔は陶磁器を積んだ荷車なども行き交ったというその道を歩くと、

               所々に、このような、陶器で作られた石垣 ⇒ 窯垣 が顔を出します。
               
               幾何学模様の窯垣は、瀬戸の象徴的な光景という印象がしました。









2-dp2-SDIM6222_20120209204456.jpg










               下の写真は、窯道具の「ツク」「エブタ」「エンゴロ」です。

               この中に器を入れ、登り窯で焼く為の道具なのです。

               窯垣は、この窯道具で作られています。

               今でいう、リサイクルなのですね。           
           
             









            5-dp2-SDIM6242_20120209204456.jpg
          









             いとをかし瀬戸☆14
 
             愛知県瀬戸市洞町     2012/1/22撮影

             SIGMA DP2x   24.2mm F2.8
             




             瀬戸の散歩写真

             明日が最終回です
スポンサーサイト



コメント

No title

今晩は。

今、リサイクルやエコ等々と言っていますが
日本人は昔からしっかりと行って来た民族ですね。

陶器で作られた石垣(窯垣)は、なんと芸術的且つ実用的なリサイクル!
今回のブログ瀬戸シリーズはとても興味深いもので、勉強になりました。
ありがとございました。

風の音 #hizljNKI | URL | 2012/02/10 21:06 * edit *

風の音 様

窯垣は、あちこちに有りましたが、
これが一番、美しかったですね。
廃材でも知恵を絞れば、芸術品になってしまう。
こういうのを美しいと思う気持を大事にしたいです^^

om4ti #- | URL | 2012/02/10 23:06 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hidehidetyan.blog39.fc2.com/tb.php/527-4994eeb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)