FC2ブログ

いつか どこかで

わたくし的な風景のコレクション

               とき は佇んで 




               ご訪問くださり、ありがとうございます。




1_20111021051759.jpg








            近江・五個荘を訪ねて   5     ~近江商人 外村宇兵衛邸(1)~
,





             滋賀県の五個荘金堂地区は近江商人ゆかりの地です。
             
             昭和初期の資本主義社会の豪商、「外村宇兵衛」、 
             
             東京の呉服木綿問屋で財を成した、彼の邸宅を訪ねました。

             今日は、その1回目です。
     
             人民の搾取の上に築かれた富の象徴も、

             止まったままの時計の前で、

             ただ、佇んでいるのみでした。
        
             
   




            2_20111021051759.jpg






3_20111021051758.jpg







             4_20111021051758.jpg







5_20111021051757.jpg







             SIGMA SD15    SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 

             滋賀県東近江市五個荘金堂町 近江商人 外村宇兵衛邸    2011/8/28撮影
スポンサーサイト



コメント

No title

外村宇兵衛という人を知らないのですが、人民を搾取して富を築いたかたなのですか???
意味ありげなプロローグでつづきが楽しみです。
お写真はいつもながらしっとり、落ち着いた雰囲気のあるものばかりですね。
柱時計と最後の光のスポットライトが当たっているお花がよいです。
om4tiさんは、ストーリーを写真でリンクさせ、観る側のイメージを膨らませるのがお上手だと思います。

tama☆彡 #oMjkrawA | URL | 2011/12/07 18:23 * edit *

tama☆彡 様

こんばんは。
私も外村宇兵衛を知っているわけじゃ無いですが(笑)
当時の資本主義は、労働組合も社会保障も何も無い世界で、
社長ひとりが、大儲けで独り占めの世界ですので、
客観的には搾取になるのかなと思ったのですが、
そうじゃなかったら、外村さん、ごめんなさい。(^^)

om4ti #- | URL | 2011/12/07 20:46 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hidehidetyan.blog39.fc2.com/tb.php/389-d4cc0650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)