FC2ブログ

いつか どこかで

わたくし的な風景のコレクション

水飲み場       ジョンコルトレーン新譜発表!! 






                  ご訪問くださり、ありがとうございます




n-63260009_R_20170211233631c0e.jpg





 new MAMIYA 6MF / MAMIYA G75mm F3.5 /  FUJICOLOR   PRO400

 岐阜県関市                 2012/8/5





 この写真を撮ってから、もう6年も経ってるんだ、、、

 





n-IMG_0004_R.jpg
      MAMIYA 6MF






 追記

 凄いニュースが入ってきた

 ジャズのジョンコルトレーンの未発表音源が発見され、リリースされるという

 私はジャズは聴かないけど、コルトレーンは学生時代から聴きまくっている

 コルトレーンはジャズでは無く、コルトレーンというジャンルの音楽だと思ってる

 音源は1963年だという、あのバートランドのライブの合間のスタジオ録音だそうだ

 63年から64年頃って、カルテットが一番乗っていた頃

 コルトレーンって、未発表ライブ音源は数年ごとに発表してたけど、さすがに、これは凄い

 6月29日に発売らしい、激しく楽しみだ

 今思うと、カメラを始めたのは学生の頃、コルトレーンを聴き始めたのも学生の頃

 最初に買ったのは、ライブ盤の「ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」

 20分近くソロを吹きまくる「チェインシンザ・トレーン」に腰を抜かした、こいつはヤバイ奴だと

 それからLPレコードを集め、インパルス時代の正規版はすべて揃えた

 音楽って、音を楽しむ、って書くけど、彼の場合はそんな要素は微塵も無くて、ただただ苦痛の連続

 激しく、悲しく、そして苦痛、それがサックスによって繰り返される

 1965年のライブです、現存する映像では最高のパフォーマンスだと思います





 コルトレーンが、足でコツコツとテンポをとってから演奏が始まるのがかっこいいいよね

 1963年頃のライブだと、最初はテナーでテーマをソロで吹いて演奏が始まるのだけど、それもかっこいい

 まずコルトレーンが「マイフィバレットシングス」のテーマを吹いてから、マッコイタイナーのピアノに移る

 この曲って、映画「サウンドオブミュージック」の曲だけど、お花畑な曲が、地獄の黙示録な曲に変貌してる^^

 マッコイタイナーはモダンジャズしてるんだよね、彼は最後までそうだった、「アセンション」でもそうだった

 エルビンジョーンズは、相変わらず殺人鬼みたいな顔でドラム叩いてる、体から蒸気を発散して

 マッコイがピアノのソロが終わると、しずしずとコルトレーンがソプラノサックスを吹き始める

 もう、こうなったら誰も止められません、よだれ垂らしながら忘我の境地であります

 クネクネと屈折したアドリブの合間に繰り返されるテーマ曲が、まるで呪術のようです

 ジョンコルトレーンのサックスの揺らぎが、私の中の何かを揺らす、そんな感じなのです


スポンサーサイト
thread: 写真で心を癒しましょう♪ | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret