いつか どこかで

わたくし的な風景のコレクション

プラウベル マキナ 67     PLAUBEL MAKINA 67  





                ご訪問くださり、ありがとうございます




IMG_0001_R.jpg








 啓蟄(けいちつ)、、、冬ごもりの虫が春になって地上に這い出る、という意味ですが、

 私のカメラの虫も春になると這い出るようで、去年の春はローライがうちに来ましたが、

 この春は、「プラウベル マキナ 67」 、という昔のお弁当箱のようなカメラが来ました。

 中判120フィルムを使い、6cm×7cmのフィルム面に露光する80mmのニコン製のレンズが付いてます。







n-IMG_0029_R_20160408195923097.jpg







 このカメラは昔から知ってはいたのですが、欲しいと思ったのは、写真家 石川直樹さんの作品を観てから。

 石川さんは、このマキナ1本で撮られてて、その世界観に惹かれたんです。







IMG_0019_R.jpg







 心配だったのは、このカメラの脆弱性、コマかぶりとか、蛇腹の穴あきとか、ネットでいろいろ言われてる。

 あ~、でもそんなこと心配してたら前に進めないわ、ということでリスキーですがヤフオクで落札。







IMG_0017_R.jpg






 1978年に登場したこのカメラ

 まあ、ともかく、撮ってみましょう





IMG_0007_R.jpg






 CANON EOS 5D Mark II /  EF24-105mm F4L IS USM / RAW → jpg

 岐阜県                        2016/4/2






このカメラの設計者の内田康男さんの設計秘話がなかなか面白い





スポンサーサイト
thread: 写真で心を癒しましょう♪ | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: 2 | edit

コメント

こんにちはー

カメラのことは、
まったくわからないのですが、
内田さんのお話し、とても面白かったです。

杏 (citrons15) #- | URL | 2016/04/10 12:08 * edit *

杏 (citrons15) さま

コメントありがとうございます
個人の個性がぶつかり合って、新しいカメラが生まれる過程が面白いですね。
フィルムカメラは、そんな人間臭いカメラが多かったと思います。
今のデジタルカメラは、家電みたいで愛着がわかないんですよ。

om4ti #- | URL | 2016/04/10 14:31 * edit *

コメントの投稿

Secret