いつか どこかで

わたくし的な風景のコレクション

中山道 大湫宿    弐 






               ご訪問くださり、ありがとうございます






2-portra400-mamiya6-75mm-2014-10-10-大湫-80870028_R

















3-portra403-mamiya6-75mm-2014-10-13-大湫-80870031_R





 new MAMIYA 6MF  / MAMIYA G75mm F3.5 / KODAK PORTRA400

 岐阜県瑞浪市大湫町                        2014/10/5




 この日は小雨が降っていたので、 傘をさしながら、歩きました

 2枚目は脇本陣と呼ばれる建物

 門には鍵がかかっていて、中には入れませんでした

 大湫宿の歴史の中で一大イベントは、幕末の文久元年(1861年)10月の『皇女和宮御降嫁』

 黒船来航による、鎖国か開港かの国難を乗り切るために、考えられた『公武合体論』により、

 「国のためになるのなら…」と、仁孝天皇第8皇女であった和宮は、

 14代将軍徳川家茂のもとへ降嫁されることになった。
 
 10月20日京を発ち、9日目の同月28日に大湫宿に1泊、江戸へ向かったという。
 
 御降嫁の行列は、総勢約5,000人という。
 
 その行列の継立のために大湫宿に招集された人馬は、何と2万8千人と馬820頭。
 
 行列は、前後4日間に分けて連日行われ、宿泊・食事・行列をしたと文献に残されている。
 
 日本歴史上、最大のお嫁入り行列

 皇女和宮、この時16歳・・・、この山の中の小さな宿場で、

 御嫁に行くんじゃなかった、、、と、激しくマリッジブルーだったのではないのかな(笑)



スポンサーサイト
thread: 写真で心を癒しましょう♪ | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret